発熱外来は原則午前中です。午後は3時30~4時まで受け入れ可能。

発熱外来は午前中耳鼻科医が行います。9時までに到着してください。(9時までに到着された方は、PCR検査結果が早くお知らせできます。発熱外来の患者様の当院への到着が遅れると、どうしてもスタートが遅くなります。)

午後は3時30~4時まで受け入れ可能です。(PCR検査結果は翌営業日以降です。)

(web問診で来院時間を指定された方は、熱がなくとも「新型コロナの疑い・可能性」がある方ですので、ご協力をお願いします。)

院内全自動RT-PCRは4人分の検体が集まった時点で検査開始となり、約2時間半後に判明します。

感染の可能性が高い方は、ウイルス解析をしている東大柏キャンパスに検体を提出します。結果は翌営業日以降です。

内科・小児科は午前中一般診療、午後2:30からワクチン専門外来(新型コロナ・その他)です。

耳鼻咽喉科一般診療は午後2:30からです。(午後2時から午後2:30はコロナ陽性者のオンライン診療をいたします)

ヨヤクルからの午前中の耳鼻咽喉科一般診療、午後の内科一般診療の順番取り枠を止めています。

(耳鼻咽喉科は月曜日、土曜日は医師二人体制なので、枠を開けています。)

保健所報告と同時に、当院で陽性者の治療をすることが認められました。

重症化リスクをお持ちの方は、診断と同時にモルヌピラビル処方、または入院を手配しております。

web問診から、重症化リスクを検出し、感染判明時は、可及的速やかに内服または入院治療に移行する可能性がある、とお伝えします。

入院先へは当日午後2時までの申し込みが必要です。そのため、午前中の診断が重要です。市内の3~4の病院に紹介します。

抗体療法の対象者:年齢12歳以上 体重40kg以上の子供及び成人

発症から7日以内 酸素投与をしていない軽症、及び中等症Ⅰのレベルの方

【抗体療法「ゼビュディ」対象の重症化リスク因子とは下記の条件です。】

55歳以上

BMI30以上の肥満

うっ血性心不全

慢性肺疾患(COPD、中等から重症の喘息)

糖尿病(薬物療法中)

慢性腎障害(透析含む)

抗がん剤治療中または治療後の悪性腫瘍

免疫抑制剤使用中の方

【モルヌピラビル対象の重症化リスク因子とは下記の条件です。】妊婦さんは禁忌です。

61歳以上

悪性腫瘍

慢性腎臓病

慢性閉塞性肺疾患または中等症以上の治療中の喘息

高血圧症

病的肥満症(BMI30以上)

喫煙歴

慢性肝疾患

慢性神経疾患(認知症 脳卒中 てんかん含む)

糖尿病

重篤な心疾患(心不全 狭心症 心筋梗塞 心筋症)

精神神経疾患(ダウン症、知的障害、精神病)

免疫不全(移植後、抗がん剤後)